安全への取り組み

2019年度運輸安全マネジメント事故防止目標

社長コミットメント

指針

「輸送の安全は経営の根幹」であることを全員が認識・徹底し、安全運行の体制づくりに積極的に関わり、事故を起こさない社会風土の醸成と構築を再度決意し実行する。

具体的目標

1.重大事故の絶無
  • 期間 2019年4月1日~2020年3月31日
  • 2019年度 重大事故撲滅 目標  0件
  • (自動車事故報告規則第2条に規定する事故)
  • 達成
  • 期間 2020年4月1日~2021年3月31日
  • 2020年度 重大事故撲滅 目標  0件
  • (自動車事故報告規則第2条に規定する事故)
  • 今期も目指せ0件
  • 代表取締役  石井
2.決め事の遵守と運転マナーの向上
1)ルール厳守と運転マナーの基本である思いやりのある運転の励行
2)「安全運転3原則」、「安全確認4ポイント」及び「安全運転指差呼称10カ条」の実践
3.厳正、確実な点呼の実施と記録
1)安全確保のための厳正な体面点呼の実施とその都度の記録
2)運転者の適正検査に基づく個別点呼の実施
4.働き方改革の推進
1)「自動車運転者の労働時間等の改善基準告示」の厳守(超過勤務60時間以内の厳守等)
5.適正な車両管理
1)確実な日常点検と定期点検の実施
2)車両5Sの実施
6.「輸送の安全確保」に関するPDCAの展開
1)「安全会」の充実と「決め事の遵守」の徹底
2)ヒヤリ・ハットの情報収集と積極的な活用